MENU

MAINTENANCE REPORT

【E30 M3】24ヶ月法定点検&車検整備【110,000km】

今回は24ヶ月法定点検&車検整備の為、E30M3が入庫しました。
以前当社で販売した車輌で走行距離は110,000kmなのですが、今も非常に調子も良く大切にして頂いています。
それでは基本的な作業を行いながら各部のチェックを進めます。エンジンルームを除くとカムカバーからのオイル漏れを発見。
E30M3モデルでは定番の症状なのですが、多少でも漏れを見つけたら見逃さずに
ガスケットを交換した方が良いでしょう。カムカバーを外し、ガスケットを交換します。
カム・カムホルダー・カムケースの状態を一目見ただけで、エンジンオイル管理が行き届いているのが分かりますね。カムカバーガスケット一式。
ガスケットやパッキンは自身が潰れる事で密着性を高めているので一度使用されたガスケットは再使用出来ません。
カムカバーガスケットは漏れやすい箇所に液体ガスケットも併用しながら装着します。エンジンオイル交換。
交換前にフラッシング剤を注入しエンジン内部の汚れを落としていきます。
こういった基本的な作業の積み重ねがエンジン内をクリーンに保つわけですね。
10~15分アイドリングを行ってフラッシング剤を循環させてエンジン内部の手の届かない箇所の汚れを落とします。
内部に古いオイルを残さない様にする為にも排出には時間をかけ、しずくが垂れなくなるまで行います。
エンジンオイル交換と同時にオイルエレメントも交換。
古いオイルの排出を終えたら新しいエレメントを装着して
規定量の新しいエンジンオイルを注入してオイル交換が完了。チョイスしたオイルはFUCHSのTiTAN SuperSyn 5w-50。
冬場でも低温時からの始動性が良く、高温時でも常に安定し、エンジンの性能を低回転から高回転域までストレス無く
発揮してくれるので、M3やALPINAのオーナーに高評価を頂いている当社でもお勧めのオイルになります。オーナーの意向でイグニッションコイルを交換。新旧のイグニッションコイル。
イグニッションコイルに不具合が出るとエンジンの始動や動きに影響が大きく出るので注意が必要です。
経年劣化で不具合が出る事が多く、消耗品として定期的な点検と交換を行う事が大切で、経年を考慮して
不具合が出る前に交換する事は非常に正しい判断だったと思います。新しいイグニッションコイルを装着して交換が完了。フューエルフィルターの交換。
外した古いフューエルフィルターから出たガソリンは画像の様に濾過された汚れで黒くなっていました。新旧のフューエルフィルター。
フューエルフィルターはガソリンの給油時に侵入した雨水や砂埃、ガソリンタンク内で発生した錆や結露した水分等を
濾過して取り除き綺麗にした燃料をエンジンへ供給しています。
同様に濾過をする事でオイルを綺麗にしているオイルエレメントはオイル交換毎に交換する事が好ましいのですが、
フューエルフィルターは頻繁に交換するパーツでは無いので、一度も交換しないで乗り換えてしまうケース等もあり
存在自体を知らない方が多いのではないでしょうか?
全ての作業を終えたら最後にテストランを行い、作業箇所やその他に問題がないかを確認し
陸運支局へ車を持ち込み車検を取得、24ヶ月定期点検記録・車検証・ステッカー等を
オーナーへ渡して納車になります。

80年代は非常に人気で見掛ける事が多かったE30の中でも衝撃的なボディフォルムが印象的だったE30M3。
登場してから既に30年以上が経過して近年では見かける事が稀になり、市場からも徐々に消えつつあるのですが、
現在でもM3モデルは人気が高く、市場価格も上昇して入手する事が非常に困難になってきています。
古い車輌なので今回の様に各部の整備が必要な場合が多いのですが、
まだまだ楽しめるモデルなのでこれからも大切に長く楽しんで頂きたいですね。

2017年08月09日